沖縄協同ガスのLPガス
LPガスの正しい使い方(安心・安全にお使いいただくために)
  • @ 着火・消化は目で確かめる

    点火を必ず目で確認!

    ●ガス機器の近くに、燃えやすいものは置かないでください。
    ●マッチ等にて点火する場合には、点火後器具栓を開いてください。

  • A 青い炎で使いましょう

    ○完全燃焼  ×空気過多  ×空気不足

    ガスをお使いのときは、炎は必ず「青い炎」でお使いください。赤っぽい炎は、不完全燃焼をしている炎です。

  • B 使用中はそばにいる

    風や煮こぼれで火が消えたり、天ぷらを揚げる時などでは、鍋の油に火が着くことがあり、大変危険です。LPガスを使っているときは、その場を離れないでください。

  • C 換気は忘れずに

    室内でガスを使用するときは換気扇を回し、時々窓をあけて十分換気してください。LPガスが燃える時は、たくさんの酸素が必要になります。換気が十分に行われていないと、酸素が不足し排ガスが充満して不完全燃焼を起こすおそれがあります。

  • D ガス栓をしめる

    ●ガスをお使いになるときは、ガス栓を全開で、お使いにならない場合は完全に閉めて下さい。また外出するときやおやすみ前には、ガス栓、器具栓が閉まっていることを確認してください。
    ●使用していないガス栓は、絶対に開かないでください。
    ●長期間ご不在になるときは、容器バルブを閉め、農協プロパンにご連絡下さい。
    ●配管やガス栓をアースの代わりに使用しないでください。

LPガスの性質について

@空気よりも重い

LPガスは空気よりも重く、もれると低いところやものかげにたまる性質があります。もしガスがもれたら、特に下の方の風通しを良くしてガスを屋外に追い出しましょう。

Aニオイをつけてある

LPガスそのものは無色無臭ですが、もれたときに分かるように腐臭をつけてあります。

B燃焼にはたくさんの空気が必要

LPガスが燃焼するためにはたくさんの空気(酸素)が必要です。
室内でガスを使用するときは、十分に換気をしてください。換気が不十分な場合は、不完全燃焼を起こし一酸化酸素(CO)が発生しますので十分注意してください。

C液化した状態で容器(ボンベ)に入っている

LPガスは圧力をかけて液化した状態でLPガス容器(ボンベ)に入ってます。

Dクリーンなガス

LPガスは、環境負荷が相対的に小さく、クリーンなエネルギーであると位置づけられています。
また、LPガスには一酸化炭素(CO)は入っておりません。

ガス臭いと感じたらすぐ沖縄協同ガスへ

ガス臭いと感じたら!

ガス臭いと感じたらすぐ沖縄協同ガスへ

  • @ 窓を開けて換気してください
  • A ガス栓を閉めましょう
  • B メーターガス栓も閉めましょう
  • C 販売店へ連絡してください

戸や窓を十分に開け、風通しを良くしてガスを屋外に追い出してください。
※LPガスは下にたまるので、特に下の方の風通しを良くしましょう。
その際には、ほうき等で掃くとより効果的です。

ガス臭いと感じたらすぐ沖縄協同ガスへ

地球温暖化防止とLPガス

あせらず落ち着いて、使用中のガス機器の火を消し、ガス栓を閉めて下さい

小型容器の取扱について

小型容器の取扱について

沖縄協同ガスの保安体制
緊急サービスセンターはコチラ

マイコンメーターについて

ガスメーターは、LPガスを安心してご使用していただくための安全機器です。
次のようなときにガスを遮断します。

◇  1  :  ゴム管が外れるなどして、ガスが異常に流れたとき 表示 C
◇  2  :  ガスの消し忘れなどで、長時間ガスを使い続けたとき 表示 A
◇  3  :  ガス漏れ警報器が鳴り続けたとき(メーター連動時) 表示 BC
◇  4  :  大きな地震が発生したとき 表示 BC

ガスメーターの表示部分にアルファベット「ABC」又は「ガス止」と表示され、ガスが遮断された場合は復帰の手順に従って操作してください。ガス漏れなどの異常がない場合は、復帰してガスが使えるようになります。

ガスメーターの復帰手順

ガスメーターは、LPガスを安心してご使用していただくための安全機器です。
次のようなときにガスを遮断します。

ガスメーターの復帰手順
@ お部屋のガス栓を全て閉めてください。

A ガスメーター前面左側の遮断弁開スイッチ(黒い部分)を押して「ガス止」表示が消えたこと(または赤いランプが1秒点灯したこと)を確認して、すぐに手を離してください。
ガスメーター内部でガス漏れの有無を検査します。
約1分間お待ちください。

B 赤いランプとアルファベットの文字が消えたら、器具のガス栓を開いてガスをご使用ください。
上記の手順を行ってもガスメーターが復帰しない場合には※こちらまでご連絡下さい。
24時間いつでも対応しております。

※ガス臭い時は、窓を開け自然換気をし、ガス栓および全ての器具栓を閉め、お手数ですが※こちらへ御連絡ください。
(換気扇、電気器具などのスイッチには手をふれないで下さい。)

安心・安全のための点検・調査にご協力ください。

皆さまの安心・安全のため、保安機関としての認定を受けたLPガス販売店または販売店から依頼を受けた保安機関が、液化石油ガス法にもとづき、次のような点検・調査を行います。ご協力をお願い致します。

@ 【容器交換のつど】
LPガス容器・調整器・容器バルブ・ガス供給菅などの外観点検。
A 【1年に1回以上】
地下室等の配管からのガスもれ調査など。
B 【4年に1回以上】
調整器の機能点検、配管のガスもれ調査、ガス機器や給排気設備等の調査など、ガス設備全般についての点検・調査。

※点検・調査の結果、改善を指摘された設備については、改善や機器の交換などにご協力ください。
※現在、LPガス事故撲滅を目指し、全国一斉LPガス保安高度化運動を実施しております。

農協プロパンはあなたのパートナー

こんなときは農協プロパンにご連絡ください。

● ガス設備の工事や新しくガス機器を取り付けるとき、または取り外すとき。
● 新築・改築・転居などで、新しくLPガスを使うとき、またはやめるとき。
● ガス以外の工事(水道工事など)を行うとき。
● ストーブなどの季節的機器で、取り付け、取り外しが困難なとき。
※ 配管、ふろがま、湯沸器、煙突などの工事を行うときは、法律上の資格が必要です。
※ ふろがまや湯沸器の中には給気口や排気設備が必要な機種があります。

ガス機器をご使用の際はご確認ください。

● LPガス用機器を必ずご使用ください。都市ガス用機器は使用できません。
● LPガス用機器は全国共通です。
● ガス機器は、取り扱い説明書をよく読んでから、正しくご使用ください。
● ガス機器kの保証書は大切に保管してください。
● 古いガス機器はリコール(修理・回収)対象機器になっている場合があります。
  製造メーカーやLPガス販売店に確認してください。

緊急サービスセンター
南部地区
098-998-8333
中部地区
098-937-2221
北部地区
0980-52-3119
宮古地区
0980-73-1294
八重山地区
0980-82-4934
  • 農協プロパン集中監視システム
  • ガス不使用情報メール通知サービス キャッチくん@メール
  • 沖縄協同ガス スタッフブログ
  • CMライブラリー